主にストレートヘア向けのヘアローションで、Why(ホワイ)という商品です。

例えば、ストレートヘアをツヤツヤサラサラにしてあげたい、ヘアカラーの時に頭皮がヒリヒリしないようにしてから施術してあげたい、とても傷んだ髪をできるだけ傷まないように染めてあげたい、ヘアカラーの色味をきれいに出してあげたい。 

そのような思いでいらっしゃる理美容師様にご愛用いただいているヘアローションです。

前処理剤にも使えますし、カットローションにも使えますし、仕上げにも使える商品です。

初めてのお客様で、髪が傷んでいる方に使っていただくと、初めてでも違いがわかっていただけると思います。
しなやかで、ツヤやかな仕上がりを感じていただけます。

【他のスタイリング剤と違う点】
●使い続けても髪質が悪くならない、逆に良くなっていく!
●乾いたら、べたつかない。
●手に付いても水で洗えば3秒くらいでスッキリしますし、もし手が洗えなくても乾けば気にならないくらいのさっぱりとした感触のヘアローションです。
(よくあるスタイリング剤やオイル系のものは、手についても水だけでは落ちず、スッキリ洗えるまで時間がかかるのが多いですが、Whyはそれがないので、次の作業にも早く移れます)

唯一の欠点は・・・セット力が無いので、固まらないことです。
セット力がないほうがよいストレートヘアの方や、髪にツヤと手ざわりと風合いをお求めの方におすすめの商品です。
Why 5L(髪のボリュームを出してあげたり、パーマのウエーブを表現したい場合は、当社のSSローションα1 (アルファワン)や、SSローションα (アルファ)を使い分けて下さい。)

《ご愛用者の方からの感想》
● 硬くて扱い難い髪が、やわらかくてしなやかな髪になりました。

●自分でヘアカラーをする時に、Whyを髪全体につけてからヘアカラーをすると、頭皮がヒリヒリしないので、何年も愛用しています。

● ヘアカラーの時は、必ずこちらをお客様の髪につけてから行います。今まで他店では頭皮がヒリヒリしてできなかった 方も、これを使えば大丈夫だったと喜んでもらえています。

●ヘアカラーの色がきれいに出るのと、白髪の髪は黄ばみがちなのですが、白さを保てるように思います。

●今までは頭皮にもヘアカラーの色がついたりしていたけれど、Whyを髪と頭皮につけておくと、頭皮に色がつきにくくなって、助かっています。

●いかにも白髪染めをしているとわかる髪だったのですが、Whyをつけるようになってから、いつもと同じ白髪染めを使っているのに、髪が若々しくなったね!と言われるようになりました。

《ご使用方法》
●シャンプーとリンスかトリートメントをした後、タオルで軽く水気をふき取ったら、Whyの原液を手のひらに出し、毛先から髪全体につけます。(頭皮に付いても大丈夫です)
毛先など特に傷んでいる部分は、その部分にさらに重ね付けをしてみて下さい。
その後、ドライヤーで乾かします。

●寝ぐせ直しには・・・スプレー容器にWhyの原液を入れ、さらに水道水を入れ、2~3倍に薄めて使います。
髪全体に霧状に軽くかけてからスタイリングします。
ドライヤーや、ヘアアイロンを使う前に髪につけておきましょう。
(私たちは、会社でも髪にシュッシュッ!とふりかけたりしています。特に冬は髪が乾燥しやすいのでおすすめです)

【水と混ぜてスプレーにした時の注意点】
※気温が高いと腐敗しやすいので、1週間くらいで使い切れる量で作るか、冷暗所に保管して使うなどしてください。光も変色の原因になりますので、直射日光や光の当たらない場所に保管してください。

【ヘアカラーの時に使う場合】
①当社のオーガニックシャンプーかジェルシャンプーでシャンプーをした後、やわらかいタオルで、やさしく水分をふき取り、ドライヤーで半乾きの状態にします。(損傷の激しい毛先は、特にやさしく。)
 ※しっとり系のシャンプーは、髪がコーティングされてしまい、カラー剤が入りにくくなりやすいので、当社のシャンプーのような、髪に余分なものが残りにくいスッキリ系シャンプーをご使用下さい。

②次に、Whyの原液を髪と頭皮全体にまんべんなくつけ、よく浸透させてください。
(頭皮につけておくと、アルカリ系カラー剤にありがちなヒリヒリ・ムズムズなどの刺激が少なくなり、頭皮についたカラー剤も落ちやすくなります。)
※他の前処理剤とは併用しないようにしてください。

※Whyをお客様の髪に付ける時に、ひやっと冷たく感じるのを防ぎたい時は、その日に使う分だけを別のアプリケーターなどに移し入れ、体温より少し暖かい温度まで保温しておいても大丈夫です。
ただし、高温に温めすぎたり、残ったWhyを翌日に再度温めたりすると分離する可能性がありますのでご注意下さい。
(少し暖かいと、浸透しやすいというメリットはあります)

③カラー剤の1剤60㏄に対して、Whyを5~10㏄の割合で混ぜます。
 (質感を良くしたい場合は10㏄がおすすめです。)
  丁寧に良く混ぜ合わせます。
color2color3

④③にカラーの2剤を規定量入れ、よく混ぜ合わせます。
color
⑤混ぜ合わせたカラー剤を、髪にやさしく塗布し、刷毛で髪にやさしくなじませます。
※色味のチェックは、従来よりも5分くらい早めにチェックしてください。

⑥色味がOKでしたら、シャンプー前に【オーガニック処理】をします。
    
【オーガニック処理】とは、
Whyの原液にパーマの2液「ブロム酸ソーダ」か「ブロム酸カリ」を2:1の割合で混ぜ、その混合液を髪と頭皮にやさしくソフトにもみこみ、約7分間放置することです。

このひと手間を行うことが他店とは違う仕上がりになるポイント!です。
カラー剤によるトラブルの予防と、色味・色持ち・ツヤ・手ざわり・風あいなど質感がUPし、お客様に喜んでいただけている点です。

例)Why 30㏄:パーマ2液 15㏄=45ccの割合で混ぜてから髪につけます。髪の長さによって、量は調節してください。

⑦ やさしくシャンプーとリンスまたはトリートメントをして、やさしくタオルドライします。

⑧ 仕上げに、お客様の髪質やヘアスタイルや好みによって、「α1(アルファワン)」か「α (アルファ)」か「Why (ホワイ)」を髪につけてスタイリングをします。

※ヘアカラーで、トリートメント系の成分が入っているものは、Whyなどのヘアローションを入れると分離する場合がありますので、
 初めて混ぜる場合は、ヘアカラーを少量取り分け、Whyと混ぜてみて、分離する場合はご使用を控えて下さい。

 

【ヘナの場合】
ヘナを塗る前に、髪と頭皮にWhyの原液を塗布し、半乾き状態にします。
例)ヘナ100gを溶かす時に、Whyを20㏄と、ぬるま湯を80㏄の割合で先に混ぜたものに、ヘナを加えて混ぜてから塗布します。

【ヘアマニキュアの場合】
まず髪と頭皮にWhyの原液を塗布して、半乾きにします。その後ヘアマニキュアを髪につけます。
※初めてWhyと混ぜるときは、ヘアマニキュアを少量取り分けて、Whyと混ぜてみてから分離しないか確認してください。分離する場合はご使用を控えてください。

【どうやって商品化になったの?】
ヘアカラーや縮毛のお客様が多い理美容室様にも、何度もリピート購入していただいているWhyです。
なぜ?なんでこんなに髪がきれいになるの?という、なぜ?からWhy (ホワイ)という名前をつけました。
約10年前に当社のパーマに使われているヘアローションから派生して登場した商品です。
それまでは、当社商品には、セット力のあるヘアローションしかなかったのですが、若いお客様で、パーマをかけない方が増えたり、ヘアカラーが流行したこともあり、そのようなお客様に対応できるヘアローションがあったらいいなということで商品化されました。

【その他の使い方】
カットスプレーは水だけです!という方も、その水にWhyを水で2~3倍に薄めて混ぜて使ってみてください。
髪とハサミやレザーの摩擦が少なくなり、切りやすくなったり、仕上がりが良く、ツヤや手ざわりも良くなります。
(こちらも作り置きしすぎて腐敗しないように、こまめに作って下さい)

ぜひ、なぜ?なぜ?なぜそうなるの!? を体験してみてください!
お客様の髪をもっときれいにしてあげたい理美容師様、ぜひ使ってみませんか?


【日本製】です。業務用5L (価格はお問合せ下さい)
粘度が少しあるトロリとした液体で、香りは原材料の匂いだけです。

上記説明で、ご不明点がありましたら追加説明させていただきますので、お問い合わせください。
ご注文・お問い合わせはこちらまで→ https://organix.co.jp/mail/
 電話075-393-0229 (平日の月・火・木・金:10:00~17:00)